fc2ブログ
 

プロフィール

ヒロヲザウルス

Author:ヒロヲザウルス
学名:ヒロヲザウルス
生態:常に疲労困ぱいだが、好奇心が強く何でも試してみようとする。長続きしないこと多々あり。
自己啓発書籍を好み、何でも鵜呑みにする傾向強し。
自分改造に情熱を燃やし、たまに燃え尽きて灰になる。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

断食

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

こころ

こんばんは。


自称「吹き出物が止まらない女」ヒロヲです。


最近、職場の人が熱心に本を読んでいました。
んで、「これ、読んだことある?」って見せてもらったのが

夏目漱石の「こころ」。


その人曰く、

「この本は、昔から好きで、何度も読んでいる。
ただ、読むのにすごくパワーを使うので、少しずつしか
読み進められないのだ。」


とのこと。


題名は知っているものの、そういえば、
きちんと読んだことがない。



というわけで、早速その日の帰りに購入しました。


で、読み始めたら、その人が言ったとおり、
15分くらいで疲れてしまうのです。

引き込まれる、

というのか、

物語が押し寄せてくる

というのか・・・

「どん」と登場人物のこころと、自分のなかにあるこころが
重なり合ってのしかかってくる感じです。


あと。

終わり方が唐突で、それがまた
気持ちをえぐられるんです。


読み終わったときは、しばらくぼぅっとしてしまいました。



「人間のこころを知るにはこの本を読むべきだ」
と、夏目漱石自身もいっていたとおり、


自分の心の中を洗い出すような
不思議な感覚でした。


ん~なんかうまくかけないんですけれど・・・。

感想文なら落第ですね~。



最近はビジネス書みたいなのしか読んでなくて
自分、頑張れ。みたいに気合入れるためにだけに
読んでいたような。


小説読むのは久しぶりで新鮮でした。

な~んかいろんなコト考えれて。


夏目漱石、面白いじゃないか。

と思い、今度は「三四郎」を買いました。

半分くらい読んだけど、「三四郎」は恋愛ものなのか??

明治時代にはハイカラな小説だったんだろうな。



漱石ブーム。



っていうか、

こんな有名な小説家の本をろくすっぽ読んでなかったのは
私だけなのだろうか・・・。
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

自己啓発な一日

めちゃくちゃ久しぶりにブログ書きます。

もう6月も終わりかぁ・・・焦る3
今年も半分終わったんですね。
年をとると月日がたつのが早く感じるなあ・・・sn

6月半ばに異動になって、ばたばたの毎日でした。

特に異動が決まってからの1ヶ月間は大変だったな。
仕事のこと、同僚のこと、自分のこと、こんなに考えたことないっていうくらい
いろいろ考えました。

実践してきたことが、合っていたのかどうか、わからないけど・・・。


一番大切なことは、働いている人みんなが明確な目標を持って、
同じ方向を向いて仕事をしていくこと、なんだろうなと思います。

ただそれはとても難しいことです。


そうなるための環境を整え、やる気と課題を持ってもらうこと、
それがこれからの自分の仕事なのかな・・・と思います。
まだまだ何もわからない1年生なんだけど。


今の自分にできることから頑張ってみます。


今日は「プレジデント名言集」を読んで、「よしっ頑張るか」と思った後、
「エチカの鏡」をたまたま見ていて、「接遇」の重要性を改めて感じ・・・


いつもなら「明日仕事いやじゃ~~~!!」と暴れているけど、


なんとなく「まあ、行くか」って気になってます。



ちなみにプレジデント名言集の中で、

「面倒くさいからといって相手から逃げた瞬間、幸運も逃げていく」

「マネジメントとは管理する、という捉え方をしがちだが、ただ励ましたり、褒めたりするのではなく
働く環境を整えることである」


文章はこのままではないんだけど、印象に残ったな・・・。

今後の自分に役立ちそうな言葉でした。







・・・・・・・でも、明日仕事か・・・・orz



(やっぱり嫌なんかい!!!!!)














愚痴は不幸を呼ぶ呪文のようなものである

あまりにもへこんでいる私に友人が本を貸してくれました。



「いいことがたくさん起こる名言セラピー」 植西 聰


まだ半分くらいまでしか読んでいませんが、偉人たちが残した名言とともによりよく生きるコツが書いてあります。

タイトルは、ジョセフ マーフィーの言葉。

確かにそう、と思う。

マイナスな言葉からは、マイナスな結果しか起こりません。

わかってはいるけど、日々の悩みを愚痴り、マイナスオーラを発し、どんより重たい気分にまみれて抜けだけない自分がいます。

まさに不幸呼びまくりですよ。


この流れを断ち切るのは自分しかいないので無理やり気持ちを持ち上げていこうと思います。


この本には他にもいっぱい偉人たちの言葉がのってます。

例えば・・・

「人の言うことは気にするな。こうすれば、ああいわれるだろう・・・
こんなくだらない感情のせいで、どれだけの人が、やりたいこともできずに死んでいくのだろう」

・・・ジョン・レノン

「美しい唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
美しい瞳であるためには、人の美点を探しなさい」

・・・オードリー・ヘップバーン

世の中に名を残す人たちは、やっぱり人間もできているんでしょうね・・・。言葉に説得力があります。

よろしかったらご一読を・・・。


朝まで付き合ってくれた友人、本当に感謝しています。ありがとうございます。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP